2回目の就職を考えている看護師の皆さんへ

【派遣看護師の種類】単発・短期・長期・紹介予定派遣を徹底解説

看護師の派遣は4種類あり、契約する期間や目的によって単発・短期・長期・紹介予定派遣に分類されます。

派遣も種類が変われば、特徴やメリット・デメリットも変わってきます。この記事では

  • 看護師派遣の種類と特徴
  • 派遣の種類別メリット・デメリット
  • 各々の種類に向いている看護師

について解説していきます。

MEMO
派遣についてよくわからないという方は「派遣看護師とは?」からご覧ください。派遣という働き方やメリットデメリット、給料などを細かく解説しています。

派遣看護師の種類
⒈単発派遣

派遣看護師の種類.1【単発派遣】の画像

単発派遣は主に1日から数日の短期間の派遣を指します。

よく見かける求人は

  • 訪問入浴
  • デイサービス
  • 健診補助

などです。

例えば「常勤の看護師が出れないのが1日と15日と26日だからそこを派遣で埋めたい」といったようにスポットで募集されていることが多いですね。

びび

単発派遣史上、最高日給は25200円です!

単発派遣のメリット・デメリット

単発派遣は「空き時間を有効に活用できる」というのが最大のメリットです!人が見つからない場合、さらに時給がアップすることがあるので、そこもおいしい!

単発派遣のメリット
  • 自分の働きたい日だけ働ける
  • アルバイトよりも時給が高い
  • 仕事のかけ持ちができる
  • 1日単位の契約ができるので1回行って嫌ならもう行かないという選択ができる

デメリットは、「毎回探すのがめんどくさい」というのが個人的な感想です。

単発派遣のデメリット
  • 交通費が出ないことが多い
  • 求人が限られる
  • 安定した収入を確保しづらい
  • 期間が短く気が楽だが、ちょくちょく職場が変わるストレスもある

単発派遣が向いている看護師

単発派遣は

  • 休みの日にちょっとバイトしたい
  • 扶養の範囲内で働きたい
  • ダブルワークをしたい

という看護師に向いていると言えます。

びび

自分の働きたい日に好きな日数だけ働けるのが単発派遣の最大の魅力です!

ただ、単発派遣求人を取り扱っている派遣サイトってわりと少ないんです。単発での派遣求人を探すならMCナースネットがおすすめです。

MCナースネットの詳細はこちら

派遣看護師の種類
⒉短期派遣

派遣看護師の種類.2【短期派遣】の画像

看護師の短期派遣は単発より期間が長く、およそ2~3ヵ月の契約で働く派遣スタイルのことを言います。短期派遣は更新のない場合を指すことが多く、更新する場合は長期派遣の方に分類されます。

びび

求人で多いのは特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの施設系が多い印象です。

短期派遣のメリット・デメリット

短期派遣は「短期間で効率よく稼げる」のが最大のメリットです!

短期派遣のメリット
  • 時給が高く短期間である程度稼げる
  • 嫌なことがあっても割り切れる
  • 社会保険に加入できる(条件あり)
  • 就いたことのない仕事の内容を知るのに丁度良い

デメリットは「基本的に更新なしのやり切りバイト」というところです。「もう少し働きたいなぁ」と思っても更新なしであればそこで終了となります。

短期派遣のデメリット
  • いい職場でも基本的に期間満了で終了となる
  • 有給休暇の取得や社会保険の加入が難しい

短期派遣が向いている看護師

短期派遣は明確に働きたい期間が決まっている看護師に向いています。

例えば

  • 3ヵ月後に引っ越しが決まっているためそれまで働きたい
  • 次の仕事を探したいからその間2ヵ月だけ働きたい

などです。

びび

期間限定で割り切って働きたい人や、短期間で高収入を得たい人に向いているスタイルと言えます。

短期派遣で働きたい場合は週2日から働けて、さらに高時給の看護のお仕事派遣がおすすめです。

看護のお仕事派遣の詳細はこちら

派遣看護師の種類
⒊長期派遣

派遣看護師の種類.3【長期派遣】の画像

長期派遣は数ヵ月から最大3年まで働くことができる派遣スタイルです。その間、契約の更新を挟みます。条件を満たせば社会保険の加入や有給休暇の取得が可能となります。

社会保険の加入と有給休暇の取得が可能な派遣サイトはこちら

求人で多いのは短期派遣同様、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの施設系です。

それらの求人にプラスして

  • 産休育休代替
  • 介護休業代替
  • 医療が不足している離島や僻地への派遣

等、本来派遣では禁止されている病院や訪問看護等へも臨時で行くことも可能となります。

長期派遣のメリット・デメリット

長期派遣はもう直接雇用みたいものですね。それにプラスして「嫌なら更新しなければ辞められる」というメリットつき!

長期派遣のメリット
  • 安定した収入を見込める
  • 社会保険の加入・有給の取得が可能
  • 求人・職種の選択肢が多い
  • 長期と言っても更新せず辞めることもできるので気が楽

「嫌なら辞められる」といっても1日単位の契約ではないので、契約満了までは働く必要があるのが長期派遣です。

長期派遣のデメリット
  • 数ヵ月単位での契約になるので単発のようにすぐ辞めることはできない
  • 気に入った職場を見つけても最大3年までしか派遣看護師として働けない

長期派遣が向いている看護師

長期派遣に向いている看護師は

  • 変化を好まない
  • ある程度腰を据えて働きたいが縛られるのは嫌

という看護師です。

看護の世界はとてもストレスフルな業界だからね…。

はぴこ

びび

何か気になることがあった時に契約を更新しなければ辞められるというのはかなり大きいメリットだよね!

長期で働く場合、社会保険の加入や有給休暇の付与を希望する人も多いと思います。その場合は看護roo!派遣がおすすめです。一定の条件を満たすことで社会保険の加入、有給休暇の付与が可能となります。

看護roo!派遣の詳細はこちら

MEMO
看護roo派遣は東京・神奈川・千葉・埼玉限定の派遣サイトです。

エリア外での求人を探すのであれば看護のお仕事派遣をおすすめします。

看護のお仕事派遣の詳細はこちら

派遣看護師の種類
⒋紹介予定派遣

派遣看護師の種類.4【紹介予定派遣】の画像

紹介予定派遣は直接雇用を前提として働く派遣スタイルです。1日から最大6ヵ月間派遣看護師として働くことができ、その後はその医療機関に就職するか決断することとなります。

基本的には直接雇用が前提ですが、決して断ってはいけないというわけではなく、あくまで前提です。そのため「正社員で働きたいけどどんな職場か不安だからお試しで働いてみたい」という人にはうってつけのスタイルです!

びび

紹介予定派遣は就業場所の縛りがなくなるため、医療行為のあるクリニックや訪問看護へも赴くことが可能です。

紹介予定派遣のメリット・デメリット

紹介予定派遣の最大のメリットは「試用期間感覚で働ける」というところです。

紹介予定派遣のメリット
  • 派遣期間中にパーソナリティやスキルをアピールできる
  • 派遣期間中に職場環境や人間関係を見定めてから就職するかを決められる
  • 直接雇用はあくまで前提のため、派遣で従事してみて気に入らなければ就業を断ることができる

デメリットに関しては特に気になるものはないですね!

紹介予定派遣のデメリット
  • こちらが希望しても医療機関が拒否をすれば直接雇用とはならない
  • 有給休暇は6ヵ月経過するまで利用できない

紹介予定派遣が向いている看護師

特に紹介予定派遣をおすすめしたい看護師は初めての職種にトライする場合です。

例えば病院1本で働いてきたけど訪問看護で働いてみたいという場合、まったく経験のない職種へいきなり就職するのって不安ですよね。その場合に派遣で数ヵ月働いてみて、続けて働けそうだなと思ったら直接雇用契約を結ぶという流れをとれるのが紹介予定派遣です。

派遣期間中に

  • どんな仕事か
  • 職場の環境はどうか
  • 人間関係は良好か

などを確認し納得した上で就職できるのが最大のメリットです!

びび

紹介予定派遣の詳細はこちらで解説しています!

まとめ

以上で派遣看護師の種類の解説は終了となります。

派遣の種類の特徴
  1. 空き時間にスポットで稼ぎたい人は単発
  2. 明確に決まった期間だけ働きたい人は短期
  3. 縛られるのは嫌だけどある程度長く働きたい人は長期
  4. 直接雇用を前提に働きたい人は紹介予定派遣

という認識でいいと思います。

びび

看護師が派遣で働くには派遣会社の登録が必要です。おすすめの派遣サイトはこちらでご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です