2回目の就職を考えている看護師の皆さんへ

30代は交渉が大事!30代看護師が転職する際のポイントと注意点

30代の看護師は仕事に対する心境の変化や、自分自身を取り巻く環境の変化により転職する看護師が多い年代と言えます。

ふとしたタイミングで職場や職種を変えて看護師を続けている人が多いよね、きっと。

はぴこ

びび

僕もその一人!転職で8ヵ所、派遣での勤務を入れたら倍以上の医療現場で働いた経験がある!

今回はそんな転職経験で学んだことの中から30代看護師さんの転職に焦点を絞って、転職の注意点やポイントについてお伝えしていきたいと思います。

びび

20代看護師の転職のポイントや注意点も書いています!

30代看護師の転職の特徴

一般的な流れだと20代前半で看護師資格を取得し、30代ではある程度経験を積んだ中堅看護師の立ち位置になる人が多いかと思います。

20代から30代にかけては結婚や出産といったイベントを迎える看護師も少なくありません。ここで注目したいのがこのデータです。

引用 看護職員の現状と推移

このグラフを見ると看護師の退職理由の1位が出産・育児、2位が結婚となっています。ということは結婚や出産が多い20代から30代にかけてはこれを機に退職、そして転職するという看護師が多いということになります。

また、先ほども書いたように30代になると看護師としての経験も豊富となり、さらにキャリアアップを目指したいという看護師や新たな世界へ踏み込みたいという看護師も出てくるでしょう。

これらのことから30代看護師の転職の特徴は

  • 自身の環境変化に合わせた転職
  • キャリアアップ
  • 新たな環境への興味

といったことがあげられると思います。このことを踏まえ30代看護師が転職を考える際の注意点についてまとめてみました!

30代看護師が転職する際の注意点

 

30代看護師の皆さんが転職する時に注意してほしいことは

  • 自分自身の環境に合った職場を選ぶ
  • 自分を安売りしない

ということの2点です。

自分自身の環境に合った職場を選ぶ

仮に結婚や出産を機にした退職が多いとなると復職の際は自身の家庭環境も考慮した働き方にしたいというニーズが出てくると思います。

  • 夫の扶養に入るから稼ぎすぎない程度に働きたい
  • 子供を保育園に預けている間だけ働きたい
  • 家族との時間を大事にしたいから土日は休みたい

など復職する上での条件がいくつかでてくるはずです。ここで注意してほしいのは

これだけは譲れないという希望条件を明確にすること

です。そしてその希望条件が通る職場に就職することが大切です。

MEMO

自分の希望を通す転職方法と希望が叶う医療機関の探し方はのちほど解説します!

自分を安売りしない

30代の看護師は結婚や出産を機に退職することが多いというだけですべての看護師の退職理由がそうではありません。キャリアアップなどを目的とした転職も非常に多いです。

30代というのは基礎をしっかりと身に着け、ある程度経験を積んでいるためどこへいっても仕事はできますし重宝されます。

ここで注意してほしいのは

転職の際に自分を安売りしない

ということです。

求人票やハローワークに掲載されている給与は最低ラインのことが多く、皆さんの経験やスキルはもちろん反映されていません。雇用する側としたらその額で納得してくれれば儲けものなので最低ラインで掲載していますが、底上げするチャンスは必ずあります。

というのも、医療機関は看護師が欲しくて求人を出しているのでその給料で釣れなければあげるしかないんですよね。また、興味をもってくれた看護師がスキル・経験共に十分であれば報酬をアップしてでも雇用したいと考えるでしょう。

そのために給与や条件交渉というのはとても重要なのね!

はぴこ

びび

次項でその方法について解説していきます!

30代看護師が転職する際のポイント

ここまで30代の看護師が転職する際の注意点について解説してきました。ここからはその注意点を踏まえて、どのように転職活動していくべきかまとめていこうと思います。

先ほど「自分自身の環境に合った職場を選ぶためには譲れない条件を明確にすることが大事」ということをお話しました。「じゃあその条件を叶えてくれるところはどこなの?」って話なんですが、それは自分で問い合わせてみたり、実際に働いてみないとわからないことも多いんですよね。

びび

ですが多忙な30代看護師にとってそれは非効率ですし、実際に働いてみないとわからないなんていうのはリスクが高すぎますね…

なぜなら看護師の退職は至難の業だからです。

退職することの大変さは看護師である皆さんならわかりますよね?そのため、就職後のミスマッチを極力少なくするために医療機関のリサーチというのが必須になります。

びび

僕が普段行っているリサーチの方法に関してはまとめた記事がありますのでよかったら参考にしてみてください。

このリサーチを効率よく行ってくれるのが看護師専門の転職サイトです。

例えば

  • 院内保育がある病院が知りたい
  • 時短で働ける施設が知りたい

と思った時、皆さんはどうやって探しますか?一般的なのはハローワークなどの公共事業だと思いますがハローワークやナースセンターは営業時間が短かったり足を運ばなければならないことがあったりと効率があまりよくありません。

一番のデメリットは情報量が少ないことです。

その点、転職サイトであれば私たちの希望条件を担当コンサルタントへ伝えるだけで院内保育がある病院や時短で働ける医療機関をピックアップしてくれるもんね!

はぴこ

びび

伝えた後は何もせず待つだけでいいのが嬉しいよね!

また転職サイトをおすすめするのはもう一つ理由があります。

それは皆さんが通したい条件の交渉をさせるためです。実際に面接の場においてきちんと自身の希望条件を採用担当者に伝えることができますか?

  • 保育園が休みなので土日祝は休みたい
  • 迎えがあるので16時ぴったりであがりたい

など臆することなく伝えられればよいのですが、

ゴールデンウイークは何日か出れるでしょ?

面接官

入院なんかがきたら16時過ぎることもたまにはあるけどいいかしら

面接官

なんて言われた時になかなかその場で「NO!」と言える人は少ない気がします。

こういった場合にも転職サイトを利用していれば担当コンサルタントがすべて交渉をしてくれるわけです。これは非常に大きなメリットと言えます。

びび

この条件交渉は「転職の注意点」で解説した自分を安売りしないということの対策にもなります。

給与や雇用条件に関してなかなか個人で交渉するのはハードルが高いと思います。こんな時にも転職サイトのコンサルタントに依頼すれば皆さんの代わりに希望条件の交渉を行ってくれます。

びび

僕も以前に依頼して結果的に年収が100万上がったことがありました!その時の話はこちらでまとめています。

また、僕が転職サイトをどのように利用し仕事を見つけているか細かく解説している記事もありますのでこちらもご参照ください!

この記事は必ず皆さんの参考になると思います♪

はぴこ

  • 自分の希望条件を満たすことのできる医療機関の探し方がわからない
  • 希望条件の交渉に自信がない

という30代の看護師さんはぜひ一度転職サイトを試してみてください。

 リサーチ・交渉に適した転職サイトはこちら

ガツガツ常勤で働くのではなく育児や家事の合間に少し働きたいという30代看護師の方は、時間当たりの単価が高い派遣もおすすめです。

派遣の最大のメリットは時給が高いということです。

僕は現在も派遣サイトに登録し時々仕事をしていますが看護師であれば時給2000円オーバーの求人が多く、仮に時給2200円だとしたら週3勤務でも月20万を超えます。
(2200円×8時間×12日=211200円/月)

限られた時間の中である程度の収入を得たいという場合は派遣看護師がおすすめです!

MEMO
派遣で働くには派遣サイトへの登録が必要です。

 高時給の看護師派遣サイトはこちら

終わりに

20代の時と違って30代になると仕事との向き合い方も変わってきます。

そうなると優先順位や目的も変わってくるので、まずはご自身が何を優先して生活していきたいのかということを明確にすることが大事かなと。

なかなか100%希望にそった職場を見つけるというは大変ですが、譲れないポイントだけは妥協せず転職活動を行うことが転職で成功する秘訣だと僕は考えます。ぜひ30代の皆さんの今後が明るいものになることを心から願っております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です